プロフィール

きぴちゃ

Author:きぴちゃ
7年ほど前から樹脂粘土を使って、1/12サイズの小物を製作しています。
ほとんど機能していない本宅HP http://kipi.room.ne.jp/ もあります。
よかったらご覧になってみてくださいね。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒー!

長い間ほったらかしですみません。
広告が出ちゃっていやなので、今日はボヤき日記でも。

それは先週土曜の夜9時頃の出来事でした。
きぴ夫と一緒に、とあるスーパーの駐車場を歩いていました。
そのスーパーに立ち寄るのは初めてでした・・・。

そして・・・

なんと私、縁石に躓いてしまいました。
まあそんなことはよくある事で、普段なら「オットット」って感じでバランスを取り戻すのですが、この日は違いました。
ポーンと空中に高く舞い上がり(なぜ?)、そのままアスファルトめがけて顔面からダイビングしてしまいました。

ここでひとつ豆知識。
事故などに遭った瞬間、「時間がコマ送りのように一つ一つゆっくりと流れた」という話を聞いたことがありますか?
これは、危機に際してその最善策を講じるために自分の今まで体験したことや見聞きしたことを、脳が恐ろしい速度で使えそうな記憶を処理しているために、まわりの時間がゆっくりと感じられるのだといいます。

でね、まさにその通りのことが私にも起こったのですよっ。
躓いてからアスファルトに激突するまで約1秒。
その間に脳裏に浮かんだものは・・・。

おひとつめ~♪ 母が60歳ぐらいの時、何も無い坂道で「スッテーン」と転んだ映像。
おふたつめ~♪ 曙関がK1でノックアウトされて、リングにバッタシと倒れこんだ映像。
おみっつめ~♪ 小学生の頃よく見た、50センチぐらいの巨大牛ガエルの干物。(車にひかれたらしい)

ふっ、いくら高速回転で最善策を探し出そうとしても、中味のデーターがアンポンタンすぎて使えないー!(笑)

そのまま頭から激突と思いきや、おっ、すばらしい、両方の手のひらがきっちりアスファルトについていますね~。
んがっ、んがっ、あれー、おかしいですよ、手は全く力が入っていないかのようにフニャっと、そのまま顔面にアスファルトが迫ってきます。
「ギャー!」ここで縦じま模様の血まみれの自分の顔が脳裏に登場、とっさに顔を上にグイっと向ける。

ガツンとアゴを強打。
それと同時に流れていたゆっくりの時間は終わります。
ガバっとすぐさま起き上がる私。
「大丈夫か?」とあわてて駆け寄るきぴ夫。

「あいたた」と言いつつそのまま車に乗り込み、手を見ると・・・。
なんと血まみれ。
そして服やバッグも血まみれ。
あごから血がポタポタ滴り落ちています。
きぴ夫が止血のためにすぐさま氷とタオルを買ってきてくれました。
あじがどう~きぴ夫。

大変なことになったと思ったのですが、家に帰ってよく見てみると、あごの傷は5ミリぐらいで血もすぐ止まり、手のひらは擦り傷すら無く、膝も軽い打ち身程度。
あんなすごい倒れ方をしたのに不思議。
でもそれから4日たった今でも肩周りの筋肉やら胸筋やらがものすごい筋肉痛ですから、突っ張っていないようで最大パワーで突っ張っていたのですね~。
あと、アゴは強打したのでさすがにまだ痛くて、食べ物を噛んだりすることが出来ません。

年齢と共に足腰が弱ってきますから、どこに危険が潜んでいるかわかりません。
みなさんも事故には気をつけましょうね~♪
スポンサーサイト
 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。