プロフィール

きぴちゃ

Author:きぴちゃ
7年ほど前から樹脂粘土を使って、1/12サイズの小物を製作しています。
ほとんど機能していない本宅HP http://kipi.room.ne.jp/ もあります。
よかったらご覧になってみてくださいね。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


FC2カウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
まとめ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイカ・・・ (最終話)

この夏、勝手に生えてきてくれたスイカ君、毎日すくすくと育って私のすさんだ心を(へー)

どんなにか和ませてくれました。

 

それなのに、猛暑の真っ只中2週間もほったらかしにー!(帰省してたの~♪)

さあ、どうなったんでしょうね?

ドキドキしますね、そわそわしますね。

いつもならここで、「画像をどうぞ~」ってなるのですが。

 

うっうっ、そんなことはとてもできないの。

直視できない、あまりにもむごい最期。

そうね~、色は茶色。(ちゃ、茶色?)

触感はズブズブ・・・といったところでしょうか。

早い話が、腐ってるよこれっ!

       (腐れ色で表示してみました♪)

 

あわれモコモコ君は腐れスイカとなったのでした。(アーメン)

あとスイカ1号(最初に生ったスイカ)も腐っておりました。

その他はセーフ。

 

野生のユリらしきものは・・・

いや~、花が咲いちゃってるよっ。

しかもユリだよこれ。

「なに~、ほんとにユリなのっ!」って叫んでる、みなさんの鋭いツッコミが聞こえる。(ご、ごめんなさ~い)

さすが野生。

水やらなくても枯れてないよ。

これってば、アスファルトの裂け目とかにポツンとなぜか咲いてるユリと同じものだったよ。

強いねーアスファルトユリ。

この種が飛び散り、来年我が家の庭はユリだらけになっているかもしれない。

なんだか宇宙人に侵略されてる気分・・・。

スポンサーサイト

お知らせ

あ゛づい゛のでー、8月いっぱいお休み~。

 

それではみなさん さよ~なり~

母さん、僕のあのスイカ、どうしたんでしょうね?

プププッと吹いた種からすくすくと育ったあのスイカ。

その後どうなったのか。

それではその後のスイカくんどうぞ~♪

 


 

ほ~らこんなに モコモコスクスク♪

はっ、これはもしや北斗百裂拳を受けて3秒後のスイカでは?

 

そ~なんです、このスイカ うちのフェンスのちょうど筒状になった部分に実をつけていましてね

発見したときには もうすでにかっちりとはまって取り出せない状態で・・・。

「ど~してこんな所に実をつけるのよ~」と哀れなスイカ君を嘆きつつも、「この後どういう風に大きくなるのかな?」とブラックな心を抑えることができず。

 

環境に適応する生命力の強さを教えられました。

フレーフレー スイカ君。

 

スイカ、今現在5個ほど実が生っています。

一番大きいもので、小玉スイカぐらいの大きさ。

きっと秋には食べられるはず!

(でももう木が枯れてきてるの~。しくしく)

 

あと、トウモロコシはこんな感じ。

 


 

普通のトウモロコシの半分ぐらいの大きさにしか成長しませんでしたが、とても甘く

今日全部食べつくしてしまいました。

肥料を全然やらなくてもちゃんと育つんだなあと、改めて生命力の強さを感じました。(肥料やれよっ!)

 

そして野生のユリのはずのものは、なんか蕾がついています。

もうすぐ鼻、いえ花が咲くのでしょう。

綺麗な花が咲くといいねえ。

 

ミニチュアワイン&ボトル その5

昨日作った型を使って、ワインボトルを作ってみました。

 


 

こうなりました。

ワインボトルの色ってどんな色だろう?

そう思いつつも、参考になるものが家にありませんでしたので、取りあえず緑に。

う~ん、こんな色ではないな。

 

 

これにレジンを赤紫に着色して流し込んでみました。

 

 


 

こんな感じ。

赤ワインの色がね、どうやってもうまく出ない!

「もう私の持っているタミヤのクリアーレッドとクリアーブルーではきっと合成できないんだ!」

ってやつあたりする始末。

 

そして緑のビンにこの赤茶っけた液体を取りあえず入れてみましたが・・・。

う~ん、これどこかで見たよ。

醤油?

いやいや、こんな緑のビンに入ったコーラって昔あったよね。

 

はぁぁ、やっぱり本物のワインがないと色とかよくわからないよ。

買ってこようかな~?
(でもうち、あんまりワインって飲まないんだよね~。)

ミニチュアワイン&ボトル その4

昨日作ったボトルにシリコンを流してみました。

こ~んな感じ。

 


 

私が今使っているシリコンは半透明のものです。

一週間ぐらい前にシリコンの型取りをしようとした時、硬化剤を入れすぎて もちもち状態になり

使い物になりませんでしたので、今度は少し控えめにしてみたのですが まだ多すぎたようで

なかなかうまく液を流し込めませんでした。

12時間ぐらいで硬化って書いてあるのに、2時間後の今 もうすでに固まってるよ・・・。

 

写真の下のほうに写っている粘土のようなものは 練り消しです。

ちゃんとした流し込むボックスを作るのがめんどうなので、塩ビシートをクルッと丸めて

セロテープで止めた後 練り消しの上にグサッっとめりこませてみました。

シリコンが漏れるかな?と思ったのですが大丈夫でした。

(あ、でもすでに固まり掛けたシリコンだったので漏れなかっただけかもしれません。)

 

この型がUV樹脂にも使えれば便利なのですが・・・。

長時間光を当てれば、もしかするといけるのかもしれません。

ちょっとやってみますね。

 

ミニチュアワイン&グラス

ワイングラスとボトル、また途中で止めちゃったんじゃないかと思うでしょ?

ところがすっとこどっこい。

まだちゃんとやっているのでありました。

 

今日はこの間作ったワインボトルが気に入らなかったので作り直していました。

 

 


 

こんな感じで2種類の形を作りました。

内側は空洞にしてあります。

底の部分はまだ作っていません。

 

でもこんなのちゃんと型取れるのかな~?

 

それはそうと、この間シリコン型にクリスタルレジン?を流し込んでみたのですが

どうしてだかシリコン型にレジンがくっついたまま剥がれなくなってしまいました。

レジンを小瓶に少量移したまま、半年間ぐらい放置していたのが悪かったのでしょうか?

缶の中にまだ大量に残っているレジンは大丈夫なのでしょうか?

なんだか使うのが恐ろしくなってきました。

 

あ、↓でグラスに使っている透明素材はUV樹脂ですよ。

レジンではありません。

これもね~、型が樹脂にひっついてしまってベリベリ剥がさなければいけないので

複製のたびに型もつくらなければいけないというめんどくささ。

なんか良い方法がないかいろいろ実験中です。

 

 | ホーム |  page top


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。